りんごループからiPhoneを復元・復旧させる3つの方法

この記事では、iPhoneがフリーズしてしまった時の対処法をまとめました。

iPhoneのフリーズには、いくつかのパターンがあります。

  • 画面が真っ暗
  • 画面が真っ白
  • Appleのロゴマーグが点滅

今回は、3つめのAppleのロゴマークが点滅し続けているiPhoneの対処法をお伝えします。人生で2度、iPhoneをりんごループ化させたことのある筆者が語ります。

【目次】

1.Appleロゴマークの点滅とは?

2.りんごループの原因

3.りんごループの対処法

4.りんごループを修理できるお店

5.まとめ

iPhoneのフリーズやりんごループでお悩みの方、ぜひ最後までお読みくださいね。

Appleロゴマークの点滅とは?

りんごループという現象、想像できますか?

「写真」

ずばりこのような状態です。

Apple社のロゴのりんごが、点滅を続けています。

スライドしてもタップしても、反応しません。電源を消して入れ直しても変わらず。このような状態から永遠に抜け出せないので、りんごループと呼びます。

りんごループの原因

りんごループの原因は大きく2種類。ソフトウェアの不具合かハードウェアの故障です。原因を突き止めて、正しく対処しましょう。

ソフトウェアの場合

ソフトウェアの不具合が原因のりんごループは、ご自身で復旧できる可能性があります。

りんごループを起こしやすいタイミングは、バックアップ中とアップデート中に、通信エラーが生じた時です。

対処法はこのあとの章へ!

ハードウェアの場合

画面割れや水没など、物理的な破損が原因のりんごループもあります。

ガラスが割れたままでiPhoneを使い続けている方は要注意。少しの衝撃や水濡れが、iPhone本体内の重要なパーツを壊す要因となってしまいます。

画面が割れていなくても、iPhoneをゴシゴシ水洗いしたり、丸ごと水没させてしまう時にも、りんごループは起きやすいとのこと。

りんごループの対処法

実際にりんごループに対処していきます。

①電源がなくなるまで待つ

りんごループの対処法1つめは、電源が自然になくなるまで待つことです。

電源が切れたら、通常通り充電ケーブルをコネクタに挿します。元通り起動できれば成功です。なぜそれで直るのか、具体的な理由はわかりません。

電源が切れるまで待っている時間で、本体内に入り込んだ水分が蒸発するから、または、ソフトウェアのアップデートがリセットされるからといった理由が考えられます。

②Wi-Fi環境のあるPCでiTunesにつなげる

iPhoneのソフトウェアを手動でアップデートすることで、途中で止まってしまったアップデートをリスタートさせることができます。

手動アップデートは、iPhoneを有線でPCに繋げた状態で行います。Wi-Fi環境をおすすめする理由は、途中でエラーを出ることを防ぐためです。

iTunesからiPhoneのソフトウェアをアップデートする手順はこちら。

1.お手持ちのPCでiTunesを起動

2.iPhoneをPCに接続

3.PC上でiPhoneを選択

4.「一般」または「設定」をクリック

5.「アップデートを確認」をクリック

6.「ダウンロードしてアップデート」をクリック

無事にアップデートが完了すると、元通りになります。

③アップルサポートに電話する

フリーダイヤルでつなげる、Apple社のサポートがあります。

電話をかける、音声ガイドが流れ、携帯番号やIMEI番号を入力するよう指示があります。入力後、約5分でオペレーターに繋がりますが、混雑状況によっては、10分以上待たされます。

オペレーターに繋がったら、「対処法を知りたい」と伝えましょう。
ご自身で復旧可能な場合は対処法を教えてくれますし、不可能な場合は修理予約を代行してくれます。

修理店予約ができない!

iPhoneが壊れた時、インターネットで修理予約をしたいと思っても、りんごループの時は予約ができません。

普段使用しているiPhoneとは異なる端末(PCや別のタブレット)から修理予約をしようとしても、Apple IDでログインが必要。ログインしようとすると、2段階認証を求められます。

 

2段階認証システムとは?

第三者からの不正ログインを防ぐしくみです。
いつも使っている端末(iPhone)とは異なる端末からアクセスした場合に、新しいユーザーをログインさせてもよいですか?と確認するシステム。いつもの端末から「許可」する操作が必須です。

日頃はトラブル防止に役立ちますが、りんごループなど端末の操作ができない時には厄介です。

私は仕方なく、友人のiPhoneを借りてアップルサポートに電話をました。

フリーダイヤルなので通話料は問題ありませんが、気をつける点が2つあります。
①音声ガイドで、「いま電話をかけている端末が、相談したい端末ですか?と聞かれるので、いいえで応答すること

②合計通話時間が30分〜1時間、それ以上かかる場合が多いこと

サポートシステムは次のような手順です。

音声ガイド

★待ち時間★

オペレーターつながる

不具合の説明

★待ち時間★

解決策の提示

注意事項の説明

通話終了!

待ちくたびれるのは、音声ガイドからオペレーターに繋がるまでの時間と、不具合を説明してから解決策を教えてもらえるまでの時間。保留で10分近く待たされます。

天下のApple社ですが、電話サポートサービスについては、まだ拙い印象を受けました。良いポイントは、待っているあいだ、ポップスやクラシック、ジャズから好きなジャンルの音楽を選んで聴けることでしょうか。

りんごループを修理できるお店

対処法を試しても、りんごループが直らない時は、iPhone・スマホの修理店に持ち込みましょう。修理方法は、3種類。

  • 本体交換
  • 基盤の修理
  • 不具合パーツだけを交換

修理料金は高い順に、本体交換→基盤修理→その他一部パーツの交換。どのお店が安く修理を行ってくれるのでしょうか?

Appleサポートから予約をする時

アップルストアかアップルと契約済みの正規サービスプロバイダーを指定されます。

正規サービスプロバイダでの修理は、「購入証明書」が必要。

購入証明書は、iPhoneの購入時、ショップでもらえるもので、無くした場合は、再発行依頼をする必要があります。

クイックガレージ(正規サービスプロバイダ)では、購入証明がない場合、修理をしてもらえなかったという情報が届いています。お気をつけくださいね。

修理の方法は、最も高額な本体交換です。

街のiPhone修理業者に依頼する時

修理の方法は、基盤修理か一部パーツの交換なので安く済みます。

修理料金は高い順に、本体交換→基盤修理→その他一部パーツの交換ですが、iPhone修理専門業者のは、最も修理代が安く済む方法を調査して、修理を受け付けてくてるところが親切です。

近接センサーというパーツの不具合が原因のりんごループは多いようで、その修理を行うとiPhoneが無事起動。バックアップもとれるようになるとのこと。

横浜でオススメのりんごループ修理業者

基盤修理は難易度の高い修理なので、受け付けていないiPhone修理業者は多くあります。

スマホスピタル
関内店
iPhone修理救急便
横浜西口店
クイック
横浜西口店
iphone修理工房
マルイシティ横浜店
Apple公式修理
(保証なし)
HP
アクセス JR関内駅
徒歩5分
JR横浜駅西口
徒歩2分
JR横浜西口
徒歩3分
横浜駅東口徒歩3分
保証制度 3ヵ月 ガラス割れ・液晶修理:6ヶ月 3ヵ月 3ヶ月
バッテリー交換:3ヶ月
対応機種 iPhone, Android, iPad iPhoneのみ iPhone,iPadのみ iPhone, Android, iPad Apple製品
総務省認定業者 ×
画面修理(iPhone8) 7,238円 4,158円 8,580円 11,308円 18,040円
バッテリー交換(iPhone8) 8,008円 3,828円 3,850円 9,328円 5,940円

 

時期やタイミングによっても、修理料金は異なりますので、最新版の修理料金は、iPhone修理業者の公式ホームページ確認してくださいね。

まとめ

この記事では、iPhoneがフリーズ・りんごループしてしまった時に、復元&復旧させるための対処法をまとめました。

具体的にできる対処法は、意図的に電源を切る・iTunesにつなげてソフトウェアを手動アップデートする・アップルサポートに電話をかけることでした。

それでも復旧しないなら、iPhone修理店に持っていきましょう。オススメは、基盤修理やパーツ修理を受け付けれくれる修理業者を選ぶこと。

当サイトでは、横浜のオススメ修理業者をランキング形式で紹介しています。

横浜のiPhone修理・スマホ修理の人気ランキングTOP5【料金・時間・評判】

ぜひご覧くださいね。

iPhone修理店ランキングiPhone修理店ランキング